在籍確認の内容

金融機関からお金を借りるときには在籍確認というのが必ずありますね。おまとめローンを申し込んだときにも在籍確認があります。在籍確認は、おまとめローンに申し込んだ人が本当にその会社で働いているかを確認するもので、重要なものですが、消費者金融の中には、収入証明書を提出すれば在籍確認が免除になるところもあります。銀行の場合は電話による在籍確認が一般的です。

 

おまとめローンにしてもカードローンにしても在籍確認の方法は同じです。おまとめローンに申し込んで仮審査に通ると在籍確認がありますが、在籍確認は自分がその場にいなくても大丈夫です。

 

自分が不在であれば同僚や上司が、「今日は休んでいます」とか「今席をはずしています」と言ってくれるのでそれで在籍確認が取れたことになります。中には、自分が不在の時間に在籍確認の電話をかけてもらうように前もってお願いしておく方もいます。その方が都合が良ければ、申し込みの時に相談してみてください。

 

また、銀行のおまとめローンは派遣社員として働いている人も申し込めるようになっていますが、自分がその職場で働いていることが認識されていないような場合は、自分がその部署で働いていることを知っていてもらう必要がありますね。

 

在籍確認はプライバシーに配慮して行われるので、会社名は出さず個人名でかけてきます。もし、銀行のおまとめローンに申し込んで、個人名より銀行名でかけてきてもらった方が都合がいいなら申し込みの時にその旨お願いすることもできます。

 

 

在籍確認が無事に済み、個人信用情報にも不安材料がなければ、おまとめローンの担当者が本審査の結果を電話かメールで知らせてくれます。

 

あとは指示に従って契約手続きをしてください。在籍確認が不安という方もいるかもしれませんが、在籍確認で長々といろいろなことを聞かれることはありませんので、それほど心配しなくても大丈夫です。ただ、金融機関が、申し込み内容に関して確認が必要と感じた場合は、自分が連絡先として指定した電話番号に電話がかかってきます。その時は少し詳しく聞かれるかもしれませんが、申し込み書に正直に書いていれば特に心配する必要はありません。いろいろきかれてちょっと面倒ですが、質問には正直に答えてくださいね。